これまでの施工例
トップページ  >>  寺院建築  >>  宮島弥山 大聖院様 仁王門再建工事
宮島弥山仁王門建築工事レポート 宮島弥山仁王門完成写真はこちら
   其の一     其の二     其の三     其の四    其の五     其の六     其の七     
山頂本堂からの仁王像運搬 その1


山頂付近にある本堂に安置されていた仁王像を、
担いで運び降ろすことになりました!
本堂から、仁王様が運び出されます。
しっかりと毛布でくるまれ、固定されています。 1体、約120kg近く。 無事、運べるでしょうか!?
弥山の山道を、下りたり上ったり、道は険しいです。 大工さん5人の肩にかかっています!!!
さすがに、途中で休憩を・・・。
RCC報道部の方も密着取材をしています。
ロープを固定しなおして、さぁ、再出発!!!
うわぁ! 岩と岩の間! 難関ポイントです! もう少し・・・、もう少し・・・。
到着しました〜! 約30分位かかりました。お疲れ様です!
台座を先に設置して、位置決めをします。 貴重な、仁王像の下からのアングルです!!!
無事、吽形像が仁王門に安置されました。
さて・・・阿形さん。


山頂本堂からの仁王像運搬 その2


休憩をはさんで、、、2体目を運び出します。 登山客の皆さんも、興味津々で見守って下さいました。
先ほどより慣れた手つきで、仁王像をくるんでいきます。 皆さんに見送られながら、さぁ、出発です!!!
みんなの呼吸を合わせて、階段をひとつひとつ降ります。 くぅ〜! 肩が痛そう!!!
こちらも難関! 足場に気をつけて〜! ちょっと一息。
登山道なので、道幅がとても狭いのです。 う〜〜、大工さんたち、頑張れっ!!!
ようやく、2体目も到着しました〜! お疲れ様です!!!
無事、阿形像も仁王門に安置されました!!
塗装職人経験のある、大聖院で働く僧侶の方が、
仁王像さんたちの塗替えをしています。
迫力ある姿に生まれ変わっています!
やはり、仁王像があってこその仁王門ですね☆


2012年10月28日 落慶法要式典


式典には、たくさんの門戸さんも参加されます。 仁王像のお顔は、まだ非公開・・・。
お顔を隠していた白い布がパラッとおろされ、
祈祷が始まりました。
お一人お一人ずつ祈祷され、神聖な時が過ぎます。
弊社への感謝状をいただきました!!! 棟梁も緊張の面持ちで感謝状を受け取ります。
最後に、皆さんと一緒に記念撮影を☆☆☆
ご住職自ら、落慶法要記念のお札を配ってらっしゃいます。 RCCの取材カメラに、最後までビシッとコメントされた棟梁。
棟梁率いる下村建設のみなさんと。 本当にお疲れ様でした!!!
約5年近く、この再建工事の計画を立て、無事完成できました。貴重な工事に弊社が携わらせていただいたこと、大変ありがたく心より感謝申し上げます。
大聖院の吉田ご住職様はじめ、お手伝い下さった僧侶の皆様方、関係者の方々、そして、一緒に仁王門を作り上げた職人の皆さん、多くの方々に支えられて仁王門再建を実現することができました。
これから先、何十年、何百年と弥山の上で私たちを見守ってくださることを願っております。


前へ 仁王門完成写真